消毒用の酒造メーカー製アルコールを買ってみた

健康

いつも使っている消毒用のアルコールが手に入らない!

毎年インフルエンザやノロウィルスの時期に自分のお店に置いている消毒液をシーズン前に1シーズン分纏めて買っておくんですが、新型コロナウィルスの影響で、私やお客さんがいつも以上に使用するのか、足らなくなってしまいました。

が!ご存じの通り、消毒用アルコールは品薄状態で中々入手が難しくなっています…

いつも使ってるのは、インフルエンザにもノロウィルスにも効くこちらの製品

なんか、めっちゃ高くなってます…

仕方ないので、最近よく見るジェルタイプの消毒液を買ってみましたが、なんかネチャネチャして私には使用感がちょっと…

 

消毒用の酒造メーカー製アルコールを買ってみた

いつも買っている消毒用のエタノールが近所のドラッグストアにも、Amazonにも中々入荷しないので、最近販売が解禁された酒造会社の作るアルコールを買ってみました。

安心の日本製

中国でマスク製造工場らしき映像を見て、素手で触っていたり衛生環境に不安があることを思うと、このご時世、飲んでも安心?の日本製消毒液が入手出来るだけ大変ありがたいです。

納品まで一週間前後掛かることもありますが、消毒に使うものですから、安心安全なものの方が良いに決まってます。

でもちょっとだけお高め

致し方のないことですが、消毒液専門の製造ラインが元々あるわけでは無いので、どの酒造メーカーさんの商品も今のところ消毒用アルコールとしては若干割高です。350mlや500mlなどで小分けされていたり、酒税や送料などもありますし。

消毒用の酒、免税へ 「飲用不可」の明記条件―政府
2020年04月30日17時01分

消毒用の酒、免税へ 「飲用不可」の明記条件―政府:時事ドットコム
政府は30日、新型コロナウイルス感染拡大に伴うアルコール消毒液の不足を補うため、アルコール度数の高い酒を「飲用不可」の表示で販売する場合、酒税を課さない方針を固めた。消毒用の酒類を安価に提供するのが狙いだ。

酒税は今後、条件付きで免税になるようですが、飲めないように加工されてしまうのかな??

それとも中身は同じでしょうか??今のところわかりません。

お得な大容量2.7リットル入り、消毒用アルコール!

そんな中、私が探し求めていた大容量のアルコールを見つけました!

この記事を書いている時点(2020年5月9日)で、2.7リットルで送料込みの4,995円!

驚きの 1.85円/ml !!

350mlで647円!!500mlで925円!!やっすw

大容量なので、残量を気にせずいっぱい使えます。段々、世の中に出回ってきたのか出荷までの日数も短くなっています。

消毒用アルコールの用途

我が家にも、ででーん!と2.7リットル入りペットボトルが届きました。たぶん、大容量の焼酎が入ってるのと同じ容器ですね。

最近出回ってる、海外製のジェルタイプのアルコールと違って、元が焼酎をろ過したウォッカなので、サラサラです。手に付けてもネチョネチョすることはありません。

もちろんアルコール臭はしますが、手に嫌な匂いが残ることもありません。黙って消毒用スプレーの中身だけ変えても、家族に気が付かれないかもしれません。それぐらい快適です。

しかも!

・飲用アルコールなので、食品に掛かっても安心安全です。

・飲用アルコールなので、小さいお子さんにも安心です。(※取り扱いはご注意ください)

・飲用アルコールなので、余ったら飲めますw

・飲用アルコールなので、余ったら梅酒にd(ry

 

☆台所用の除菌アルコールスプレーの代わりに

☆お子さんのおもちゃの除菌に

☆お父さんの晩酌に

☆お母さんの手作り梅酒に

☆もちろんトイレの除菌にも使えます。

 

☆飲めるアルコールでドアノブなどを拭いていると、何となく贅沢な気分になります。

(個人の感想です。

 

実際に飲んでみた

早速、実際に飲んでみました。

えーー。

アルコール濃度65度ということをすっかり忘れて、いつも飲んでるウィスキーや焼酎のごとく割って飲んだら、割合を大きく間違えたらしく、ガツンと酔っぱらってしまいましたwww

なので写真はありませんw

 

一家に一本いかがですか?

コメント